エボラブルアジアは、ラボ型オフショア開発のパイオニアとして、皆様のベトナムでの成功にコミットします。

美味い店はタクシードライバーに聞け!inホーチミン【激辛編】

2月某日@EVOLABLE ASIAオフィスにて

 

 

こんにちは。インターン生の大崎です。

インターン業務もそろそろ終盤ということで、なにやら物足りない様子・・・

 

 

大崎 「ベトナム来て5ヶ月・・すっかり生活にも慣れたし、最近刺激が足りないわー。」

 

taxivol1_1

 

西田「なんやて!?」

涌嶋「なんやて!?」

taxivol1_office

 

大崎「ホーチミン生活残り2週間……なんかこう、刺激が欲しいわ」(遠い目)

taxivol1_2

 

涌嶋「そんなにいうなら」

西田「そんなにいうなら」

 

『刺激を求めに行こうぜーい!!』

 

というわけで、激アツホーチミンを求めに飛び出しちゃいました!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

オフィスビルの外にやってきた3人。

 

大崎「私に刺激を与えてくれる……白馬の王子様はどーこだ?」

taxivol1_3

taxivol1_5

taxivol1_4

 

あ、  いた!!!

taxivol1_6

 

白いボディに緑と赤のアクセントが光る・・あの白馬

 

ならぬ

 

白い車が!!

taxivinasun

 

さらにこの中に白馬の王子様・・

 

ならぬ

 

vinasunのおじさまが!!

(撮影拒否)(笑)

 

 

大崎「刺激といえば、

辛いもの でしょ!!」

 

涌嶋「うっす!」

西田「うっす!」

 

大崎「おっちゃん、めっちゃ辛くてめっちゃ美味しいとこでお昼ご飯食べたいねん!!おすすめ連れてって!!」

(字幕翻訳)おじさま、私たち3人を、ホーチミンで一番激アツ刺激的な場所に連れてって♡

 

taxivol1_7

 

困惑顏のドライバー、1分ぐらい考え込んだ結果、心を決めた様子。

 

おっちゃん「あんたら、はよ、乗りなさい!」

大崎・西田・涌嶋「わーい!!よろしく頼む!!!」

 

タクシードライバーおすすめ激辛料理その①

〜タクシーで走ること15分〜

taxivol1_10

taxivol1_9

おっちゃん「タイ?マレーシア?あ、そっちはシンガポールもあるで」

 

3人「(え、ベトナムローカルじゃなくてそういう系来たか……)タイ料理で!!

 

と、いうわけで、

地元民ぞ知るベトナムを味わいたかった私たちの期待とは裏腹に、1区の中心街にあるタイ料理屋さんへ到着。

 

taxivol1_12

ありがとうー!

 

goldenelephant

一軒目「Golden Elephant」です。

(34 Hai Ba Trung, District 1, HCM)

 

何やら店内は高級感漂う内装!

 

taxivlo1_13

これは料理に期待できそう。。!

 

 

大崎「この店で一番辛くて美味しい料理ください。」

ウェイター「。。。かしこまりました、マダム。」

taxivol1_23

おすすめされた、

Som Tumというサラダと、Wild Spicy Curryを注文。

あと、お口直し用のThai Tea!

 

そしてきました、

taxivol1_15

どーん!Som Tum、彩りがきれいでおいしそう!

 

「MOST SPICYね?お願いね??」

 

と言っていただけの実力は・・・

taxivol1_16

taxivol1_17

 

辛い、けど甘さがあって、色んな食感がありおいしい!!!

 

でも・・・・私たちが求めていたような

 

激辛ってほどでもなかったのです。

 

まだまだやんけ!

 

と店員さんにどや顏で言ってみました。

すると

ウェイター「そうですか、、申し訳ありません、作り直してきます。MOST SPICYで。。」

 

なななんと。

 

ここでタイ料理の意地?まだ辛くないといったら作り直してくれることに。。

 

そして!

 

ここでWild Spicy Curryが。

こ、これは、、ワイルドに辛そう、、、、

taxivol1_19

 

そしてtake2

taxivol1_16

taxivol1_17

 

うん!おいしい!!

少し酸味があって野菜の旨味が

というか・・・・

 

辛ーーーー!

 

taxivol1_22

taxivol1_24 taxivol1_25

taxivol1_20
(変に顔もゆがむ)

 

〜〜〜〜〜しばらくサラダとカレーの辛さに耐えながら食べる3人。〜〜〜〜〜

ここで

救世主登場!!!

 

taxivol1_28

このスイーツ。

 

taxivol1_27

(安堵の表情)(汗だらだら)

 

涌嶋「天使!これ天使!!!

 

さて、激辛フード美味しくいただきました!!!

 

taxivol1_29

ありがとうございました!!(ダンディ♡)

辛くないといったら新しいの作り直してくれた、その心意気に感動。

(いや、実は初めのものでも十分すぎるぐらい辛かったです。)

美味しかったし満足です!!

 

〜〜〜〜〜店の外〜〜〜〜〜〜

大崎「え、みんな、まだまだいけるよね??w」

「タイ料理だったし、ベトナムの刺激・・足りてないよね???」

 

涌嶋「いえあ!!(これちょっと激辛を食べ過ぎた、、胃が荒れる。。)」

西田「いえあ!!(辛いもの食べたら後で美味しいパンでも買ーお♪)」

 

 タクシードライバーおすすめ激辛料理その②

再びタクシーを捕まえる3人

大崎「お兄さん、激辛激ウマ料理、連れて行って!ください!!★」

taxivol1_30

今度のお兄ちゃんは、少し考えてから

 

「いーよいーよ!乗ってって!」とすぐに乗せてくれました。

 

あら、このお兄さん、分かってそう♡

taxivol1_32

あなたの目は、まっすぐ激辛激ウマ料理店を見つめている・・・・!

期待が高まる3人

 

〜〜10分後〜〜

お兄さん「ここだよん」

大崎「ありがとう!!」

taxivol1_34

で、降りた先は

 

Nha Hang Ngon

160 Pasteur, District 1, HCM

 

地元の人にも外国人にも大人気の有名店ですね。

 

taxivol1_37

大崎「ここで一番辛くて一番美味しい、おすすめ料理ください!!」

 

待つこと5分

 

taxivol1_39

 

何やら、spicyなbeefの料理だ・・・!

美味しそう!

taxivol1_40

ん!

 

トマトソースにガーリックが効いていて美味しい!!

 

でもあれ??

taxivol1_41

 

全然激辛じゃない!!(笑)

 

あれー、美味しいけど、こんなに辛くないなんて・・・

taxivol1_38

(とりあえず、西田は一番おすすめのチェーをゲット)

 

「激辛料理を求めに行く」という企画の趣旨からはまっったくずれてしまいましたが、

この料理自体は3人でとってもおいしくいただきました。

 

タクシードライバーおすすめ激辛料理その③

涌嶋「よっしゃ、次や次!!辛いもん食べようぜい!!」←Nha Hang Ngonで全然辛くなかったのでむずむずしている

 

taxivol1_42 taxivol1_43

「これで止まってくれたタクシーなら、絶対信頼できる・・・!」

期待をかける涌嶋

 

あ、、止まってくれた!!!

 

おっちゃん「なにあんたら、面白いことしてるやん」

taxivol1_44

 

大崎「おじちゃん頼むから、CUC CAY! CUC CAY!!」←CUC CAY(辛い)と言いすぎて覚えた

おっちゃん「そうかそうか♪あっちやあっち」

 

このおっちゃん、めっちゃ楽しんでる。

 

迷うことなく車は走り出しました。

 

〜〜〜〜走ること15分〜〜〜〜

なにやら空港方面まで行き、

 

あそこやで、あそこ!

と指さされて降ろされた場所は

 

ちょっと隠れ家風なレストラン。

HOANG PHO

taxivol1_45taxivol1_46

 

おにいさん、辛くて刺激的な美味しいものを私たちにください!!!(メニュー交渉中)

taxivol1_48

 

頼んだのは「Spicy Fried Duck

 

なんかこの店、カエルやらナマズやらいっぱい水槽に入ってる。。。

 

さて、その「Duck」は

 

こちら!

taxivol1_49

 

どーん!!

 

素直においしそう、、、!

 

taxivol1.54taxivol1_55

 

おいしい!!

外はカリッとしていて、唐揚げのような味と食感です。

スパイシーな香辛料がすごく香ばしくておいしかったです。

 

ただここでも問題発生

 

 

………そんなに(期待していたほど)辛くない。

 

あらら?ホーチミンの人はあまり辛いものは食べないのかな?

と不思議に思った3人でした。

(いやいや、普段ローカルのベトナム料理についてくるあの唐辛子、めちゃくちゃ辛いし。)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の結論:

ホーチミンでは、タクシードライバーがイチオシ地元情報を何でも知っているとは限らない。

2軒目3軒目ではあまり辛い料理がなかったことから、

私たちの激辛アピールが足りなかった。

 

ということでした。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の企画を終え、無事オフィスに戻った3人。

taxivol1_53

協力してくれたタクシードライバーのみなさん、ありがとうございましたーーー!!

 

 

実はこの企画、2本立てて次回に続きます。

(えっ続くのかよ!)と思ったあなた!

次はベトナム名物【スイーツ編】ですよ!!乞うご期待!(笑)

大崎 沙世

2014年9月から約半年間、エボラブルアジアでインターン中。 関西から来た大学4年生です。