エボラブルアジアは、ラボ型オフショア開発のパイオニアとして、皆様のベトナムでの成功にコミットします。

今絶対に知っておくべき「ITハイブリッド開発」とは

みなさん、突然ですが「ITハイブリッド開発」という言葉を耳にしたことはありますか?おそらく多くの人が初耳ではないかと思います。
では、「ITオフショア開発」という言葉は聞いたことはありますか?おそらく半数くらいの方は耳にしたことがあるでしょう。

ITハイブリッド開発を説明するためにその前身とも言える「ITオフショア開発」について説明する必要があると思います。

 

ITオフショア開発とは

ITオフショア開発とはシステム開発などの業務を海外にアウトソースすることを指します。語源はoff-shore(岸から離れる)、転じて海外での開発を意味します。世界最大規模のオフショア開発国としてはアメリカの開発の10%以上を担うインドなどが有名です。日本でも20〜30年ほど前から中国へのオフショア開発が始まり、現在ではベトナムでのオフショア開発が主流となりつつあります。

ではITハイブリッド開発とは何かといえば、オフショアだけでなくオンショア(岸に向かう)とでも言うべく、外国人が(開発対象の)国内で開発を行うことを指します。つまり、オフショアとオンショアの両方を同一国出身者(弊社で言えばベトナム)が行うことをハイブリッド開発と呼んでいます。

オフショア開発のメリットには以下が挙げられます。
・リソースデリバリーの豊富さ
・コストパフォーマンスの高さ

エボラブルアジアとしては創業以来、「パフォーマンスの最大化(コストの最小化を目指すオフショア開発会社も多い)」と「優秀な即戦力人材のリソースデリバリー力」にこだわって東南アジアの日系オフショアIT企業として最速のスピードで最大の規模に成長してきました。

 

ITハイブリッド開発の実現

そして、更なる品質向上を求めて、2016年に東京にエボラブルアジアソリューションズを設立し、日本でのオンショア開発を対応可能にすることを実現、従来のオフショア開発との掛け合わせにより「ITハイブリッド開発」を実現しました。

ITハイブリッド開発の特筆すべきはそのパフォーマンス実績です。創業以来2年でオンショア(日本国内)40名体制、オフショア(ベトナム国内)150名体制に到達し、クライアントのサービス継続率は100%(つまり一度ご利用頂いたクライアントは全て継続)という脅威の実績を誇ります。

それを可能にするのがオンショア側のスーパーエンジニアチーム。

メンバーは元国費留学生で東京大学や東京工業大学を卒業し、日本での実務経験が豊富にあるエンジニアが在籍。Yahoo! Japanの新卒プロパー採用で10年の経験を持つ者や、アクセンチュアなどITコンサルティングでトップクラスの実績を残した者などをはじめとし、在籍するほとんどのメンバーが日本語を話すことができるだけでなく、日本での実務経験があるため日本独特の文化背景への理解も深いメンバーが集まっています。

具体的にオフショア開発と比較した際にオンショア開発チームによって劇的かつ格段に効率が上がるのは下記の2点です。
・コミュニケーション(日本語と文化背景理解)
・マネジメント(オンショアベトナム人エンジニアによるベトナムオフショア開発チームのマネジメント)

これによって、オフショア開発のリソースデリバリーとコストパフォーマンスを、クライアントがストレスなく享受できる体制を実現しています。

日本で、このレベルでのITハイブリッド開発を実現しているのは、私が知る限りエボラブルアジアソリューションズただ一社のみです。間違いなく今後開発においてのメインストリームになるITハイブリッド開発。

チェックしておいて間違いありません!

EVAブログ編集部

エボラブルアジアのニュース/ビジネス/ベトナム生活情報などのお役立ち記事を配信しています。