EVOLABLE ASIA(エボラブルアジア)は、開発コストや管理業務のコスト高に悩んでいる企業の課題を解決いたします。
FOLLOW ME

ベトナム現地法人とラボ型のコスト比較

不足するIT人材とは裏腹に増加する開発案件、近年多くのIT企業を悩ませるのがこの課題。海外開発拠点の整備を解決策として考え、弊社へお問い合わせいただく企業様も少なくありません。 今回はコストの観点から現地法人設立と弊社でのラボ開設を比較し実際にかかるであろう費用を算出、どのくらい違いがあるのかを具体的に提示したいと思います。

Read more

ビジネスがより儲かるオフショア開発とは?

突然ですが、以下のような悩みはございませんか? ・経営を技術から引っ張りたいが採用が中々進まない ・増加する開発要件に対して、社内リソースが圧倒的に足りない ・社内ではまかないきれなくてシステム開発を外注したいがスピード感やコストが心配 ・解決しようと試行錯誤するも、これだ!と思えるソリューションが見つからない。 このようなことにお悩みでしたら、是非、エボラブルアジアのラボ型開発をご検討ください。

Read more

ラボ型と受託型:②ラボ型開発のメリット

こんにちは。今回はラボ型開発のメリットについて紹介させていただきます。 まず、ラボ型開発とは何かを改めてご説明いたしますと、バイネーム(≒指名)による開発チームを組織し、お客様の開発チームとしてご提供させていただくサービスです。 採用募集や面接設定、雇用に伴う労務管理業務を弊社が行いなおかつ、支払いも人月単価なので、仕様変更に伴うコスト追加もなく思う存分開発に集中出来る、というのがこのラボ型開発でございます。

Read more

ラボ型と受託型:①受託型開発のメリット

今回は、受託会社への発注メリットについて説明させて頂きます。 ラボ型をやっているのに、どうして受託のメリットを?と不思議に思われるかもしれませんが全ての開発でラボ型が適しているわけではありません。作りたいシステムやプロジェクトや体制によって、最適な開発スタイルも変わってきます。

Read more

社長が教える「ラボ型」オフショア開発を選ぶ際に見るべき5つのポイント

最近嬉しいことに「ラボ型」オフショア開発という言葉が少しずつ一般に広がり始め、ベトナムで「ラボ型」に特化した初めてのオフショア開発会社として事業を始めたエボラブルアジアとしても嬉しい限りです。 少しずつ言葉が広がってくると残念ながら単に「ラボ型」と言う言葉をマーケティング上使う会社もたくさん出てきています。 そんな中でオフショア開発をこれから考えるという皆様にご活用頂ければとポイントをまとめてみました。

Read more

ますます注目されているベトナムのIT産業

皆様こんにちは。 私たちエボラブルアジアは、ベトナムでオフショア開発事業を始めて4期目となりました。日々、ベトナムでのオフショア開発に関する新たなお問い合わせをいただく中、ますますベトナムにおけるITが注目されていることを実感しています。今回は、そんなベトナムのIT産業についてまとめてみました。

Read more

エボラブルアジアの2人3脚ビジネスモデルとは

「ラボ型」は、お客様と弊社の2人3脚モデルです。 最もわかり易い例は、弊社が頂戴する料金設定です。 これはお客様にアサインする専属メンバーの数・レベルに比例し、お客様のビジネスの拡大なくして弊社の成長はあり得ません。 しかし、2人3脚モデルはこれだけではありません。この意味をラボ構築の順を追って説明します。

Read more
123