第三回 日本語IT能力試験(Japanese Literacy and It Test ) 実施のお知らせ

株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下当社)のベトナム法人であるEvolable Asia Co., Ltd.は、エン・ジャパン株式会社の子会社であるNavigos Group Joint Stock Companyが持つ、ベトナムの市場シェア7割を誇る最大手求人媒体VietnamWorksと共に、第三回 日本語IT能力試験(Japanese Literacy and It Test、以下JLIT)を12月13日(日)にベトナム3都市で実施いたします。

当社はベトナムのホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点を持つ、日系最大のITオフショア開発会社です。現在約500名のエンジニアが在籍しており、クライアントの専属チームを組成するラボ型オフショア開発に特化しております。従来のラボ型開発に加え、ホーチミン、ハノイと連動したサテライトラボにより業務効率化を可能とします。日本国内のエンジニアの人材難、人件費高騰のソリューションとしてシステム開発の提供をしております。ベトナムの最大手求人媒体との連携により高い品質の人材を確保できる採用力と、サポート体制を強みとしております。

JLITは、高まるベトナムオフショア開発へのニーズにおいて、重要な選定基準となるIT技術者の能力水準を測る試験です。日本とベトナムとの共通の評価基準を設けることにより、ベトナムにおけるエンジニアの能力を容易に測定することが可能です。さらに、日本語能力に特化することで、ブリッジSEやITコミュニケーターの育成、教育も共同で行ってまいります。今後オフショア開発を検討頂いている日系企業に対して、総合的な顧客満足に繋がる活動を行ってまいります。第三回目となる今回は、607名が応募し、より多くのエンジニアの能力の可視化を可能にいたします。

当社は、ベトナムラボ型オフショア開発の№1カンパニーとして、今後もベトナムにおけるオフショア開発市場の拡大のために、人材の育成から獲得まで一貫したサポートを行ってまいります。

【日本語IT能力試験(Japanese Literacy and It Test)概要】
日本語IT能力試験(Japanese Literacy and It Test)はITに焦点を当てた日本語能力試験です。試験の内容は2部に分かれており、語彙能力・読解能力を測る項目を設置しております。
 
JI1とJI2の合格者はEvolable Asia入社時に最低給与保証の制度を受けることができます。
日本語IT能力に合格し、Evolable Asiaへ正式な入社プロセスを通過した人が対象になります。
 
■費用: 無償
■開催日程: 6ヶ月毎
■JLIT  詳細URL : http://jlit.evolable.asia/(ベトナム語)
■Facebook:https://www.facebook.com/Japanese-Literacy-and-It-Test-380773005413487/?fref=ts
■段階別能力証明: 試験結果による能力証明は、段階に分かれており、各能力証明によって日系企業の採用においての一つの指標となる試験となっております。
JI1:一般的な日本語能力、IT知識ともに上級クラス
JI2:一般的な日本語能力中上級クラス、IT知識中級クラス
JI3:一般的な日本語能力は中級クラス、IT知識は初級クラス
 
詳細は下記URLからご覧下さい。
http://www.evolableasia.com/news/209