日本ネット経済新聞に掲載されました。

エボラブルアジア(本社ベトナム ホーチミン、薛悠司社長)は、システムやソフトの開発業務を海外に委託する「オフショア開発」事業で急成長している。同社はベトナムに400人以上のエンジニアを抱えており、クライアントの開発業務を安価に請け負っている。薛(ソル)社長は、ベトナムには日本の開発業務を請け負うための「条件」がそろっているという。エンジニアの人材不足に嘆く国内企業が、ベトナムでオフショア開発を行うメリットを聞いた。

 

詳しくは下のPDFをご覧ください。

日本ネット経済新聞20141211