社長が教える「ラボ型」オフショア開発を選ぶ際に見るべき5つのポイント

最近嬉しいことに「ラボ型」オフショア開発という言葉が少しずつ一般に広がり始め、ベトナムで「ラボ型」に特化した初めてのオフショア開発会社として事業を始めたエボラブルアジアとしても嬉しい限りです。 少しずつ言葉が広がってくると残念ながら単に「ラボ型」と言う言葉をマーケティング上使う会社もたくさん出てきています。 そんな中でオフショア開発をこれから考えるという皆様にご活用頂ければとポイントをまとめてみました。

Read more

Yahoo Japan様のベトナム現地法人設立とEvolable Asiaの関わり

Evolable Asiaの経営理念は「アジアを代表する開発・運用チームをつくる」です。 つまり、最優先事項は一片の迷いもなく「アジアを代表する開発・運用チームをつくる」ことです。で、そのためにやらなければいけないことはたくさんあるのですが、対クライアントへのスタンスについて改めてはっきりと書いておきたいと思いました。

Read more

社長がベトナムオフショア開発について整理してみた!(後編)

前編では、オフショア開発のメリットと、 オフショア開発の展開先としてベトナムへの注目度の高まりについてお話ししました。 後編の今回は、ベトナムでのオフショア開発が注目されている理由について、 3つのポイントをお話ししたいと思います。

Read more

社長がベトナムオフショア開発について整理してみた!(前編)

こんにちは。エボラブルアジア社長のソルです。 今回は、前編・後編に分けて、そもそもオフショア開発のメリットって何? それをベトナムでやる意味って何?という2つのポイントについて整理してみたいと思います。 そもそもオフショア開発ってどうなの? ベトナムのオフショア開発について書く前に、「そもそもオフショア開発ってどうなの?」「何がいいの?」という疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので、まずそれについて簡単にお伝えしたいと思います。

Read more

ベトナムでオフショア開発経営に生かされるリクルート流経営たった一つのポイント

さて、今回のエントリーは勝手にリクルート上場記念のエントリーということで、元リクルート出身である私が、ベトナムでオフショア開発会社を経営するに当たって、活かされているポイントについて書きたいと思います。

Read more