ベトナム(ホーチミン/ハノイ)でのオフショア開発、
BPO(アウトソーシング)、ラボ型オフショア開発ならエボラブルアジア

ベトナムでのラボ型開発やBPOのご相談はコチラお問合わせ/ご相談

在籍スタッフ400人以上。ベトナムのハイクオリティで豊富な人材が「ラボ型開発」「BPO」業務によって、御社のコストダウンを実現。

EVOLABLE ASIAは、開発コストや管理業務の
コスト高に悩んでいる企業の課題を解決いたします。
400人以上のベトナム人スタッフと海外でのオフショア開発、
BPOノウハウを基に、ハイクオリティながらも安価なコストを実現。
大幅なコストダウンを可能にします。

参加企業の声成長市場 ベトナムの魅力

参加企業

高度成長を遂げるベトナム

高度成長を遂げるベトナムでのラボ型開発・BPOの魅力

ポストチャイナとして注目を浴びているベトナムは、この数年間5〜10%前後の高い水準で高度経済成長を遂げています。また、その中でベトナムが国を挙げてIT技術者の育成をし、豊富なベトナム人IT技術者がいることもあり、オフショア開発拠点としてベトナムへ進出するIT企業が急増しています。ただし、従来のオフショア開発だと安価な労働力で開発することができても、品質や納期などで問題が起こることがありました。しかし、エボラブルアジアが提案する「ラボ型オフショア開発」であれば、その問題を解決することができます。

ラボ型オフショア開発とは、日本側からマネージャーを一人ベトナムに在中してもらい、ベトナム人スタッフをマネジメントするスタイルのことを言います。また、同じスタイルでBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング/業務請負)としてもベトナムは魅力的です。安価で勤勉なベトナム人労働力が、情報入力や画像加工、Webサイトの更新などを行うことにより、大幅なコストダウンが可能になります。現在エボラブルアジアでは、400名のベトナム人技術者や日本語を理解出来るスタッフがラボ型オフショア開発、BPOでさまざなな会社のビジネスに貢献しています。

親日国であり、勤勉で有名

親日国であり、勤勉で有名なベトナム

ベトナム人は他のアジアの国と比べて親日で勤勉と言われています。中国の視野は自国、インドやフィリピンの視野は欧米である場合が多いですが、ベトナム人の視野は日本に向いており、外資系のイメージには「日本」は上位にランクインされます。親日であるので、日本語を勉強しているベトナム人スタッフも多く、日本企業がベトナムに進出したとしても、ベトナム人スタッフと比較的早く親密なコミュニケーションを取ることが可能です。また、仕事に対する姿勢は真面目で、言われてから動くのではなく、自発的に仕事をするベトナム人スタッフも少なくはありません。

技術や知識の習得にも意欲があり、仕事が終わってから、新しい技術を学ぶためにスクールを通うスタッフもいます。海外進出の第一歩としてベトナムを選ぶことは、決して間違った選択ではなく、あなたの海外進出をスムーズに進めることが可能になります。エボラブルアジアがラボ型オフショア開発、BPO拠点としてベトナムを選んでいるのは、決してなんとなくではなく、「他の国と検証した結果、ベトナムが拠点として最適だと判断した」からです。

EVOLABLE ASIA

4F Saigon Finance Center,
9 Dinh Tien Hoang Street,
District 1, HCMC
TEL +84-8(39111489)
FAX +84-8(39118767)

ベトナムでのラボ型開発や
BPOのご相談はコチラ

お問い合わせ/ご相談

フェイスブックページはコチラ

Facebook